京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼や

やみがすり「闇絣」

絣の織物で、黒地に小さな乱れ模様をつけて織ったもの。

やがすり「矢絣」

絣の織物で、矢羽に似た模様を織りだしたもの。江戸時代から「矢絣をもたせると出戻らない」と縁起物となり、絹物にも使用され、総じて「矢絣」と 呼ばれるようになった。 江戸時代の腰元や、大正の女学生のイメージがいまなお残ってい …

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.