京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼う

うきおりもの「浮織物」

模様を浮き出すように立体的に織ったもの。貴族の狩衣、指貫などにみられる。

うらづまもよう「裏褄模様」

江戸褄模様の表に模様がなく、裏側の裾にだけ模様がついたもの。昔は年配女性に用いられたが、現在では見かけない。

うらはく「裏箔」

薄物の裏に箔で模様を出した技法。

うしろはば「後幅」

着物の後ろ身頃の、脇の縫い目から背中心までの幅。

うわまえ「上前」

着物の前側の左部分。左前身頃・左衽のあたりを指す。着物を着たときに上に来る。

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.