京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼す

すみながし「墨流し」

水面に落とした顔料の模様をそのまま布に写す技法。 飛鳥時代以降、墨を水に流して紙に写して遊ぶなどされていたが、明治になって布に染められるようになる。

すそまわし「裾回し」

袷の着物の裏地で、胴裏から下の部分。八掛ともいう。表地との色の組み合わせも楽しめる。

すいしゃ「翠紗」

経糸に玉糸(一つの繭に二つのさなぎが入った繭からとった節つきの糸)を使用した、紗織物。西陣で昭和初期に考案された。 さらっとした触感が特徴。

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.