京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼し

しごき「扱き」

一幅の布を並幅のまま縫わずにしごいて用いる。江戸初期に、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。 明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。か …

しゅす「繻子」

繻子組織の織物。サテン。なめらかで光沢があり、柔かな質感が特徴。

じょうふ「上布」

薄く上等な上納用の麻織物。現代では、それに似た絹や化繊ものも上布と呼ぶことがある。 江戸時代には武士は麻を正装に着用した。英語上布、薩摩上布などが有名。

しまばらもよう「島原模様」

衿先から衽まで模様を付けたもの。華やかである。対して、褄だけに模様をつけた江戸褄ができた。

じゅうじがすり「十字絣」

絣の織物で、十字の模様になっているもの。十字の小さい模様のものを蚊絣とも呼ぶ。木綿や上布など幅広く用いられる。

しおぜ「塩瀬」

羽二重生地の一種で、縦・緯糸を密集して織っており、つるっとしている。男性の羽織や、女帯、半衿などに用いる。

しゃおり「紗織」

生地の一種で、網のような透け感がある。夏の着物・帯に多く用いられる。

したまえ「下前」

着物の前側の右部分。右前身頃・右衽のあたりを指す。着物を着たときに下に来る。

じょうふ「上布」

細い麻糸を平織した、高級な織物。ざらざらした質感の夏用の着物。越後上布、宮古上布などが有名。

しぼり「絞り」

日本では6~7世紀には行われていた染めの技法で、布地を糸でくくりシワをつくる。 江戸期までは、シワはのばしてしまうのが普通であったが、江戸期以降シワをのこして手間を強調しブランド化されていった。 「総絞り」など大変手間の …

絞り
Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.