京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼に

にまいがさね「二枚重ね、二枚襲ね」

着物を二枚重ねた着方。明治までは三枚重ねを正式とした(長着一枚、下着二枚)が、しだいに略され、現代では比翼仕立てなどに名残がある。

にのじがすり「二の字絣」

絣の織物で、漢字の二の字の形に模様を織りだしたもの。屋根絣ともいう。

にしき「錦」

色糸で模様を織りだした多色の織物。日本では奈良時代に国産が開始された。帯・法衣ほか装飾品などに広く使われる。

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.