京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼か

かきもん「描き紋」

紋の部分が白く抜かれた着物に、描いて紋を入れる手法。

かかえおび「抱え帯」

江戸初期から、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。からげ帯、しごきともいう。

からげおび「からげ帯」

江戸初期から、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。抱え帯、しごきともいう。

かわちもめん「河内木綿」

大阪、河内周辺でつくられる木綿織物。江戸時代の農家で生産された白木綿から、しだいに模様のあるものが商品化されていった。 現在は機械により織られている。

かがすり「蚊絣」

絣の織物で、蚊のような小さい十字の柄が織りだされたもの。十字が大きく織られたものを十字絣とも呼ぶ。

からおり「唐織」

生地の一種で、中国伝来の錦織。綾織の地の上に、色糸で模様を縫う。女帯・能装束などに用いられる。

かけえり「掛け衿」

着物の汚れを防ぐため、本来の衿の上に共布で衿をかけたもの。

がーどかこう「ガード加工」

着物に撥水や撥油の加工をすること。着物が汚れにくくなる。

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.