京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼い

いしもち「石持ち」

紋を抜く部分を白く円状にのこした部分。江戸時代の庶民の場合、お金をかけずに石持ちのまま仕立てることもあった。

いつつもん「五つ紋」

背中、両胸、両袖に五つの紋を入れたもので、現代、最礼装とされる。略式で三つ紋、一つ紋がある。

いつつもん「五つ紋」

江戸時代より前には熨斗目小袖を正装に用いていたが、その略式として五つ紋無地、または熨斗目の小袖を用いるようになった。 当時は武家の略礼装であったが、しだいに庶民の最礼装の扱いになっていった。

いろとめそで「色留袖」

紋付のうち、色生地の着物のこと。男性の色紋付羽織袴や、女性の色留袖紋付、色無地紋付など。

いがすり「井絣」

絣の織物で、漢字の井の形に模様を織りだしたもの。井戸の形になっている。

いとにしき「糸錦」

生地の一種。数種の糸で、綾織の地に柄を織ったもの。女帯などに用いる。

いしきあて「居敷当て」

「居敷」とは人が座った時床につく部分のこと。単衣の着物のお尻の部分の補強や夏物が透けるのを防ぐために、裏地に縫い付けられた布。

いろむじ「色無地」

黒以外で一色染めをした無地の着物を言う。 同色の裾ぼかしも色無地の一種です。 卒業式に袴とあわせたり、お宮参り、お茶席などに活躍します。 また、色を抑えた物なら弔事や法事などにも着用できます。 他の着物に比べ、幅広く着ら …

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.