京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼は

はんぎ「半着」

長着に対して、半身のみの着物。袴やもんぺを着る時の上衣に多くみられ、活動しやすいのが特徴。

はんはばおび「半巾帯」

その名のとおり、帯の幅が半分になっている帯。細帯ともいう。浴衣、ウール、小紋など軽めの装いに多く用いる。 木綿・博多などの生地が多いが、格の高い物であれば、色無地・付け下げに合わせる場合もある。

はかたおり「博多織」

生地の一種で、太い緯糸(よこいと)を縦糸(たていと)ですっぽりくるんで織ったもの。単帯や、袴に用いる。張りと光沢がある。

はぶたえ「羽二重」

平絹(へいけん)ともいう。縦糸・緯糸に無撚りの糸を使い、交互に交差して織られた(平織)もの。 羽二重の名は、通常の緯糸・緯糸一本の織り方に対し、縦糸を細い二本にして織ることから。 礼装用の着物の裏地などに使われる。

はっかけ「八掛」

裾回しともいう。袷の着物の裏地で、表地との色の組み合わせも楽しめる。 前後の身頃の裾に4枚、衽に2枚、衿先に2枚の計8枚あることから八掛といわれる。 留袖・喪服など、表地を折り返して八掛にしたものを「共八掛」、別生地のも …

はんえり「半衿」

襦袢に縫い付けて使う替え衿。 実際の襟の半分程度の長さであることから半衿という。 襦袢を汚から守ることが本来の目的であるが、着こなしの一部としても捉えられる。 江戸時代、庶民に襦袢が普及し、半衿を襦袢にかけるようになった …

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.