京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ

▼え

えどづまもよう「江戸褄模様」

江戸時代の小袖の模様付けの一種。京都では衿先から衽まで模様があるのに対し、褄だけに模様をつけたものを江戸褄と呼んだ。 現代では褄だけでなく裾の模様を江戸褄と呼ぶようになり、留袖を江戸褄模様と呼ぶこともある。

えどこもん「江戸小紋」

江戸時代に大名が着用した裃の模様が発祥とされている。 その後に、その模様の豪華さを競うようになり、幕府より禁止令が出た結果、遠目には無地に見えるような繊細な柄となり、結果、さらに染色が発達した。 各地の大名により模様が固 …

Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.