京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 着物用語集

着物用語集

ぬいもん「縫い紋」

糸で縫って紋を入れる手法。まつり縫い、菅縫い、相良縫い、芥子縫いなどさまざまな表現で織られる。 白・金糸は祝儀向け、多色のものは洒落向け、銀や地色に近いものは抜き紋に近い感じがする。 扱いは略式である。染め抜き紋では大層 …

ぬきもん「抜き紋」

色の付いた着物に、漂白によって紋を入れる手法。

さらさ「更紗」

インド産の模様を染めた木綿。現代は多くの地域で作られ、インド更紗、ジャワ更紗、和更紗などと呼ばれる。異国風の模様が特徴的。

うきおりもの「浮織物」

模様を浮き出すように立体的に織ったもの。貴族の狩衣、指貫などにみられる。

とびがら「飛び柄」

着物の模様で、間隔があいて不規則に配置されたもの。

しごき「扱き」

一幅の布を並幅のまま縫わずにしごいて用いる。江戸初期に、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。 明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。か …

かかえおび「抱え帯」

江戸初期から、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。からげ帯、しごきともいう。

からげおび「からげ帯」

江戸初期から、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。抱え帯、しごきともいう。

あいぎ「合着、間着」

冬と夏の間、春秋に着る着物。明治に洋装が入ってから誕生したことば。

きはちじょう「黄八丈」

八丈の一種。もとは八丈島で生産された、刈安色に縞や格子の模様が織られたもの。時代劇の町娘役などによくみられる。

Page 2 / 13123»
Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.