京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 着物用語集

着物用語集

いしもち「石持ち」

紋を抜く部分を白く円状にのこした部分。江戸時代の庶民の場合、お金をかけずに石持ちのまま仕立てることもあった。

いつつもん「五つ紋」

背中、両胸、両袖に五つの紋を入れたもので、現代、最礼装とされる。略式で三つ紋、一つ紋がある。

みつもん「三つ紋」

現代、最礼装とされる五つ紋に対して、背中と両胸のみに紋が入ったもの。略礼装に用いられる。 五つ紋では大層に感じられる場合に用いる。さらに略式で一つ紋がある。

ひとつもん「一つ紋」

現代、最礼装とされる五つ紋に対して、背中のみに一つ紋が入ったもの。略礼装に用いられる。 五つ紋では大層に感じられる場合に用いる。五つ紋と一つ紋の間に三つ紋がある。

いつつもん「五つ紋」

江戸時代より前には熨斗目小袖を正装に用いていたが、その略式として五つ紋無地、または熨斗目の小袖を用いるようになった。 当時は武家の略礼装であったが、しだいに庶民の最礼装の扱いになっていった。

くろもんつき「黒紋付」

紋付のうち、黒生地の着物のこと。袷では羽二重地が最高とされ、下染めされた上に黒を染めることで深みを出す。特に藍の下地のものは 「甕のぞき」と呼ばれ価値が高い。

のしめこそで「熨斗目小袖」

袖の下部と腰に、柄が横つながりになった着物。武士の着用するものに多くみられる。江戸時代の裃の中などに着用した。 現代、お宮参りの男児の一つ身も熨斗目と呼ばれる。

いろとめそで「色留袖」

紋付のうち、色生地の着物のこと。男性の色紋付羽織袴や、女性の色留袖紋付、色無地紋付など。

にまいがさね「二枚重ね、二枚襲ね」

着物を二枚重ねた着方。明治までは三枚重ねを正式とした(長着一枚、下着二枚)が、しだいに略され、現代では比翼仕立てなどに名残がある。

かきもん「描き紋」

紋の部分が白く抜かれた着物に、描いて紋を入れる手法。

Page 1 / 1312»
Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.