京都から着物の高価買取専門店せいわです
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • お取り扱いの品

お取り扱いの品

羽田登喜男友禅お買取します

友禅作家、羽田登喜男さんといえば、オシドリ柄が有名です。 これがオシドリですが、確かに友禅にあうカラフルな鳥ですね。自然にこんな色になるとは、不思議なものです。 こちらが羽田登喜男さんのオシドリ。 こうやってみると人間国 …

羽田登喜男

千總着物お買取します

↑千總落款 京都にこられたら、千總(ちそう)に行かれることをお勧めします。 烏丸線・東西線「烏丸御池駅」下車の6番出口よりすぐです。京都を代表する、いや、日本を代表する京友禅の会社です。   大きなビルです。 …

京都・ ゑり善のお着物

先日は、久しぶりに京ごふく ゑり善さんを覗いてきました。 ゑり善の創業は、天正12(1584)年、以来430年近く 京都・東京・名古屋を拠点に商いを続ける、京都を代表する老舗の呉服専門店です。 京都のど真ん中、四条河原町 …

辻が花/久保田一竹

辻が花といえば、久保田一竹さんが第一人者です。 染めの技法が途絶えていた辻が花を復活させた功労者で、その生涯はまさしく辻が花にささげたような方でした。 たまたま調べておりましたら、こんな動画を発見しました。 いい動画なの …

老舗呉服とは

きしや、千總など、有名大手呉服店ものは、特に力をいれ、高価買取を致しております。 銀座きしや 大正よりの創業の銀座を代表する老舗呉服店。現在は、東京銀座松坂屋に移転されております。 ゑり善 京都を代表する老舗呉服店。創業 …

kishiya

大手百貨店ものとは

お買取のお品のなかで、百貨店で買われたお品も沢山入ってきております。 近年は、百貨店は、郊外の量販店やアウレットショップに押されておりますが、ちょっと前までは、日本の高級品を一手に扱っておりました。 やはり、物がちがいま …

177

西陣帯とは

西陣織は、京都の先染め織物の技法の総称。 もともとは応仁の乱の際に、西軍が陣をおいた京都の地域の名をいいます。 現在は地名は残っておりませんが、京都の人間は、京都市内の西北部を今でも西陣と読んでおります。 西陣は元禄時代 …

京都

加賀友禅とは

加賀友禅は、もともと京友禅の創始者の宮崎友禅斎が、晩年金沢藩に身を寄せ、生み出した染色技法を言います。 京友禅のとちがい、大胆な衣裳、草、花、鳥などの図案が多く見られます。 また、ボカシや虫食いなどの技法もよく見られ、根 …

友禅3

有名紬とは

紬は、糸の状態で染めてから織物していく織物の代表でございますが、そもそもは庶民の作業着でございました。 カジュアルな平服で、家庭で織り、平時に着ていく汚れにくい柄でもありました。 そのため、日本全国に、たくさんの織物の産 …

kimonogold55-img411x480-1330600920kad5gc42534
Page 2 / 212
Copyright © 着物買取のせいわ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.