「銘仙と地絹」展という展示会を見てきました。

銘仙という着物は、大正から昭和にかけての平服としての着物で、近年、再評価されております。

もともとの伝統的な着物が主流であったときに、洋装が入ってきて、着物が洋装の柄を取り入れ、さらに型紙染めで、安く販売した品です。

写真 4

今、見ますと、モダンな柄が多く、若い人たちに人気になっております。
展示会でも、こんな写真がありました。
写真 3

多分、昭和初期ぐらいでしょうか。右の女性は、ヒールを履いて、粋な帽子をかぶっています。横の女性が日本髪なのが面白い。

これが、モダンだったんですね。

銘仙はコレクターの方もおられ、いろいろと普段遣いで楽しまれておられます。

 

あくまで普段着なので、堅苦しいルール無しで着られるのも、魅力ですね。

丈が短くっても、おはしょり無しの対丈で着られています。アンティークのお着物ならではの楽しみですね。

古いレトロなものもございましたら、是非、せいわまでお願いいたします。

古布、銘仙、絣なども買っております。お気軽にご相談ください。

contact