西陣織は、京都の先染め織物の技法の総称。

もともとは応仁の乱の際に、西軍が陣をおいた京都の地域の名をいいます。

現在は地名は残っておりませんが、京都の人間は、京都市内の西北部を今でも西陣と読んでおります。

西陣は元禄時代の京都の富裕商人の支持を受け、日本の織物の代表的なブランドと成長しました。

    ●詳しくは、こちらの西陣web 西陣織工業組合さまのHPをご覧下さい。

現在でも、日本有数の織物が沢山に作られております。

西陣織のお買取は是非、京都のせいわにお願いいたします。