友禅作家、羽田登喜男さんといえば、オシドリ柄が有名です。

羽田登喜男

これがオシドリですが、確かに友禅にあうカラフルな鳥ですね。自然にこんな色になるとは、不思議なものです。

hadatokio

こちらが羽田登喜男さんのオシドリ。
こうやってみると人間国宝の羽田氏のおしどりは、優しい感じがします。

羽田氏は、もともと、金沢で友禅をスタートされ、後に京友禅を学ばれ、それらを融合した人間国宝の作家です。
ちなみに、業界では、「羽田登喜男ならヒトトリ100万円」と昔は言いました。
景気のいい話ですねえ、今は、とてもとても、、、(笑)

ちなみに、ダイアナ妃が来日時に、贈られたお着物も、羽田氏の友禅です。

2008年に亡くなられましたが、旺盛な創作意欲で沢山の名品を残されました。

羽田登喜男氏のお着物、ぜひ、せいわにお買取させてください。

お持ちのお客様、一度、ご相談ください。よろしくお願いします。

↑羽田氏の落款です

contact