紬は、糸の状態で染めてから織物していく織物の代表でございますが、そもそもは庶民の作業着でございました。

カジュアルな平服で、家庭で織り、平時に着ていく汚れにくい柄でもありました。

そのため、日本全国に、たくさんの織物の産地がこざいましたが、日本が近代に変化していく過程で、伝統的な紬の製法は消えていきました。

私の子供の頃には、まだ、織物機が納屋などにはあったような記憶があります。

絹糸をつくる蚕を飼っている農家も沢山ありましたね。

近年まで、それぐらい親しまれえていた紬ですが、いつの間にか洋装化していく世に、衰退させられました。

現在では、そのなかの少数の大島紬、牛首紬などや、結城紬、米沢紬、置賜紬、塩沢紬などの織物産地が残っております。

  大島紬

そのため希少性により珍重されている部分もございます。

紬は庶民の服であったのがルーツですので、どんどん、よい中古のお手がるなものを流通させていきたいと、着物買取のせいわは考えております。

有名紬は、高価査定を心がけております。

また、有名産地でなくても、どうぞ、お見積もりさせてください。よろしくお願いします。