先日、街をぶらついておりましたら、双子の小さなお子さんがおられました。
まあ、可愛いこと、可愛いこと、、、
最近は、ワタクシも爺になってきたのか、そういった光景に癒されます。

大阪のおばちゃん風に、やはり、常にポケットに飴ちゃん入れておかないとダメですねえ。

うちに帰って、所蔵の本を探し、見ておりました。ホコリが積もっておりましたが、フウーーーと吹いて、、、あ、そうそう、これだ。これだ。

由水さんの作品集。30年ぼどまえに発行されたものです。

この中のこんな風景でした。

この図案を思い出しました。なんともいえない癒しのお顔。

初代由水十久氏は、金沢にうまれ、京都で京友禅を修行され、再び金沢に戻り、童などの素晴らしい図案で、人間国宝になられた加賀友禅を代表する大家です。

新めて見ると、芸術としか言いようがありません。

この染絵をご覧下さい。

着物の中に、子供の着物の柄をここまで書かれています。本当にすごいものです。

もし、お買取させていただくならば、、、とんでもない金額になるでしょうね。

しかし、由水十久氏など、加賀友禅の着物に関するものならば、頑張ります、どこよりも高価買取をいたします。

着物買取のせいわまで、一度、ご相談ください。よろしくお願いします。