生地のしわをのばしたり、色や風合いをよくしたり、質感を固定させるための、着物を仕立てる前の蒸気を使った工程。 また、湯のしを行うことで生地が収縮しにくくなる。