もとは平安時代の貴族が「湯帷子(ゆかたびら)」を着て風呂に入った(蒸し風呂の水蒸気でやけどしないため)ものが起源とされ、麻製であった。 江戸時代に綿や銭湯が普及し、庶民も湯上りに家着として着用した、夕方以降の着物であった。

現代では夏祭りなどに外で着用することも一般的になった。 価格も安く、着付けも長じゅばんはつけないなど気軽なため、着用する人は多い。