絣の織物で、矢羽に似た模様を織りだしたもの。江戸時代から「矢絣をもたせると出戻らない」と縁起物となり、絹物にも使用され、総じて「矢絣」と 呼ばれるようになった。 江戸時代の腰元や、大正の女学生のイメージがいまなお残っている。