本来留袖、振袖等、正礼装の長着の下には、下襲と呼ばれる着物と同じ形の下着を重ねて着ていた(十二単等を思うと想像しやすい)。

本襲の素材には、白の羽二重が多く用いられる。

最近では、費用や手間がかかることから本襲はほとんど見られなくなり、比翼仕立てにとってかわられている。