明治時代にフォーマルとカジュアルの中間の着物へのニーズに、日本橋三越が「訪問服」と呼ばれる訪問着のもととなる着物を販売したのがはじまり。

現代ではパーティなど、ややあらたまったシーンに未婚既婚問わず幅広く着用され、略礼装として扱われる。

肩、袖、裾と続いた絵羽模様が描かれる。