現代では未婚女性の最高格の装いとされ、華やかな柄が施されている。 成人式での使用が代表的で、子供時代から大学の卒業式、結婚式の花嫁衣裳にも用いられている。 袖丈により大振袖・中振袖・小振袖などと分けられ、袖が長いほどフォーマル感が高まる。

もとは室町~桃山時代ごろ、男女問わず子供時代に着用されたもので袖も現代ほど長くなく、体温が高いために脇を開けたことを由来とする。 大人になると脇をふさいでいた。 江戸時代から女性が袖丈を長く、柄を華美なものにした。