本来正装・礼装の着物の下には下襲(したがさね)と呼ばれる下着を重ねていた。

費用や手間の面からこれを略し、衿・袖口・振り・裾にのみ別生地を縫い付けて下襲を重ねているように見せた部分のこと。 比翼仕立て。