絹の生地の一種。緯糸(よこいと)の数え方が「一越、二越…」という。(縦糸は一本、二本)。緯糸に左撚り・右撚りの強撚糸を交互に使ってある。 シボが細かく、様々な用途に向く。捺染、コート、兵児帯や、半衿、長じゅばん、裏地など。