その名のとおり、帯の幅が半分になっている帯。細帯ともいう。浴衣、ウール、小紋など軽めの装いに多く用いる。 木綿・博多などの生地が多いが、格の高い物であれば、色無地・付け下げに合わせる場合もある。