襦袢に縫い付けて使う替え衿。 実際の襟の半分程度の長さであることから半衿という。 襦袢を汚から守ることが本来の目的であるが、着こなしの一部としても捉えられる。

江戸時代、庶民に襦袢が普及し、半衿を襦袢にかけるようになった。 明治~大正には地味な着物に対し、刺繍をふんだんにほどこしたものが多く作られ、半衿を多く見せる着付けをした。 昭和初期まで男性用は礼装時も薄水色・薄灰色・浅黄色・紺を使った。 第二次大戦中の奢侈禁令により女性は淡色無地や白衿が一般的となった。男性向けのものは、黒が多い。