平絹(へいけん)ともいう。縦糸・緯糸に無撚りの糸を使い、交互に交差して織られた(平織)もの。 羽二重の名は、通常の緯糸・緯糸一本の織り方に対し、縦糸を細い二本にして織ることから。 礼装用の着物の裏地などに使われる。