裾回しともいう。袷の着物の裏地で、表地との色の組み合わせも楽しめる。 前後の身頃の裾に4枚、衽に2枚、衿先に2枚の計8枚あることから八掛といわれる。 留袖・喪服など、表地を折り返して八掛にしたものを「共八掛」、別生地のものを「別八掛」という。