袖の下部と腰に、柄が横つながりになった着物。武士の着用するものに多くみられる。江戸時代の裃の中などに着用した。 現代、お宮参りの男児の一つ身も熨斗目と呼ばれる。