糸で縫って紋を入れる手法。まつり縫い、菅縫い、相良縫い、芥子縫いなどさまざまな表現で織られる。 白・金糸は祝儀向け、多色のものは洒落向け、銀や地色に近いものは抜き紋に近い感じがする。 扱いは略式である。染め抜き紋では大層な場などに用いる。