着物を二枚重ねた着方。明治までは三枚重ねを正式とした(長着一枚、下着二枚)が、しだいに略され、現代では比翼仕立てなどに名残がある。