色糸で模様を織りだした多色の織物。日本では奈良時代に国産が開始された。帯・法衣ほか装飾品などに広く使われる。