大正末期に考案。 一説には服装改良運動でうまれた様々な新しい帯のなか、名古屋女学校の創設者が考案し、もっとも定着したのが名古屋帯だという(九寸名古屋)。

前帯を最初から折りたたんで縫われている。一重太鼓に結ぶことが多い。

1960年ごろにはより簡略な八寸名古屋も誕生する。

比較的カジュアルな用途で用いられる。