絣の織物で、カタカナのキの字のような模様を織りだしたもの。蜻蛉に似ていることからこの名がついた。蜻蛉は勝虫と呼ばれ、武具によく用いられた。