経糸に絹玉糸、緯糸に綿の強撚糸を使用した織物。1891年東京の問屋「秋場」考案。縮の様な風合いがある。