染めの技法の一種。絞り染めに花などの描き絵、箔、刺繍をほどこしたもの。室町~江戸初期に栄えたとされている。 庶民向けの小袖からはじまり、のちに武家の人々に好まれた。 友禅染などの発達により、江戸初期に消滅した。

現代では当時ふうの再現をもって「辻が花」と呼んでいる。

久保田一竹氏はその第一人者といわれる。