現代では浴衣の代名詞としても使われる。浴衣に中形染めが多いためである(ほかに絞りなどもある)。 白地に染めた「地白中形」、藍地に白抜きの「地染中形」などが代表的で、より細かい模様のものもある。

もとは「中くらいの大きさの模様」の意味で用いられ、江戸時代に大紋も小紋も武家階級しか許されなかったために庶民はその中間の大きさの模様を染めた。 江戸期には長板本染中形、明治期に注染中形、籠付中形などの技法がうまれた。現代では機械のプリントも増えた。