水面に落とした顔料の模様をそのまま布に写す技法。 飛鳥時代以降、墨を水に流して紙に写して遊ぶなどされていたが、明治になって布に染められるようになる。