袷の着物の裏地で、胴裏から下の部分。八掛ともいう。表地との色の組み合わせも楽しめる。