経糸に玉糸(一つの繭に二つのさなぎが入った繭からとった節つきの糸)を使用した、紗織物。西陣で昭和初期に考案された。 さらっとした触感が特徴。