絣の織物で、経糸、緯糸両方に模様をつけて織ったもの。亀甲絣や十字絣などがある。昭和になって考案された新しい種の絣模様である。