衽(おくみ)の一番上の部分、前身頃と衿と衽が接している、剣の先のようにとがった点。衽先ともいう。