紋付のうち、黒生地の着物のこと。袷では羽二重地が最高とされ、下染めされた上に黒を染めることで深みを出す。特に藍の下地のものは 「甕のぞき」と呼ばれ価値が高い。