江戸初期から、引きずりの着物を外出の際に上げるために用いられれた帯。明治におはしょりをするようになってからは腰紐にとってかわる。 現代では、花嫁や七五三の帯の下に残っている。からげ帯、しごきともいう。