徳川将軍の御召物から名がつけられたといわれる高級絹織物を言う。

全体に波をうったような細かい皺(シボ)があることが特徴で、織りの着物の中では最も高級な、正絹の着物です。
一般に和服では織りよりも染めのほうが格が高く、礼装に用いられるが、そのなかにあって御召は織物中一二を争う格を持ち、今日でも略礼装として用いられることが多い。

御召は京都、新潟、山形などで生産され、さらに刺繍のように見える縫いとり御召などがある。