明治中期からの女性の着付け特有のもので、着丈より長く仕立てられた着物を、腰で折りあげた部分の事。 帯の下におはしょりを出して着つけるのが一般的になっている。 江戸時代前期までは、小袖は対丈に仕立てられたが、 江戸中期から丈が長く、室内で裾を引き、外では抱え帯(しごき)でからげるようになった。