「お首」からきた言葉で、着物の左右の前身頃より内側にある、衿の下から裾までの部分。