江戸時代の小袖の模様付けの一種。京都では衿先から衽まで模様があるのに対し、褄だけに模様をつけたものを江戸褄と呼んだ。 現代では褄だけでなく裾の模様を江戸褄と呼ぶようになり、留袖を江戸褄模様と呼ぶこともある。