江戸時代に大名が着用した裃の模様が発祥とされている。
その後に、その模様の豪華さを競うようになり、幕府より禁止令が出た結果、遠目には無地に見えるような繊細な柄となり、結果、さらに染色が発達した。
各地の大名により模様が固定化していった。

その流れで、庶民にも江戸小紋が流行し、庶民は生活雑貨などを洒落で模様とした。